体温を利用して寝つきをよくするには

2014-11-05

体温を利用して寝つきをよくするには

     000file_20071101T062443609

 

 

体温を利用して寝つきをよくするには
  


なかなか寝つけずに、そして翌朝の目覚めが
最悪という方におすすめです
 


毎朝8時頃までに2,500ルクス以上の
明るい光(太陽)を浴び
なるべく夜は22時過ぎ頃から
明るい電子機器を見ないことだそうです
  

 

目の中に極力光を入れないように
すると体内時計が正常化されるそうです
  


毎日湯船に浸かり寝る1時間前には
上がるようにします
  


お風呂に入ると必然的に深部体温が
上がり脳は高温となった体温を
平熱に下げようと自律神経を働かせるため
体温がどんどん低下していくので
体温を下げるのにシャワーだけでなく
湯船に浸かるといいそうです
  


豆電球やキャンドルの光だけの
心地よい空間でストレッチを行うと
副交感神経がより優位になるそうで
よい眠りにつけるそうです!
 


体温の高い日中に運動を行い
日中体温が高ければ夜の入浴や
ストレッチなどで低体温と
なったときとの温度差が生まれるため
より寝つきがよくなるそうです

 
今日も素敵な1日をお過ごしください(^O^)

 

 

初心者でも稼げる
Y●hooのネットバブルに乗った手法を
無料で公開してるようなので
今すぐチェックしてみてください
http://yamato-asp.com/lp/377/22338

最近のコメント

    カテゴリー